切手を売りたい!おすすめの買取方法は?

不要な切手の処分方法は様々

使う予定のない切手が大量に余っている場合、どうやって処分するのが賢いのでしょうか。

違う商品と交換する、お金に換える、寄付するなど処分方法は様々なので、自分に合った方法を見つけましょう。

郵便局で他の商品と交換する

残念ながら郵便局では切手を現金に換えて貰うことはできませんが、新たな切手やその他の商品に交換して貰うことは可能です。

古い切手の場合は今使われている新しい切手にできる他、郵便はがき、郵便書簡、レターパク、スマートパックといった商品と交換ができるので、自分が一番使う機会の多いものと交換するのも良いでしょう。

ただし、これらの商品と交換する時には手数料が必要になります。

はがきの場合は1枚につき5円、レターパックなどの特定封筒なら1枚41円と、交換する

商品によっても料金が異なるので事前に確認してください。

ちなみにこの手数料を切手で払うこともできるので、切手を複数枚持っている方は交換手数料に切手を使うのもおすすめです。

金券・チケットショップで売る

手元にある切手を早く現金に換えたいという方は、金券ショップなどを利用する人が多いです。

金券ショップでは切手は基本的に切り離されているバラの状態では無く、シート状に繋がっているものが買取対象商品となります。

場所によってはバラのまま大量に持っていくと確認するお店側も手間がかかるので、手数料を取られてしまうこともあるので注意しましょう。

また、額面が10円未満などの安い切手は買取自体を断られることもあります。

最近発行された普通切手を直ぐにお金に換えたいという方は、金券ショップを利用するのも良いでしょう。

ただし、発行されたのが昔の物や希少価値の高い、プレミアがつく可能性のある切手は金券ショップで売ると損をしてしまいます。

金券ショップが切手を額面以上の値段で買い取ることはほとんどないので、自分の処分したい切手額面以上の価値が付く可能性がある場合は他の買取方法を検討しましょう。

オークションを使う

プレミアがついている切手の場合は、オークションを利用することで金券ショップで売るよりも高値で売れる可能性が高くなります。

オークションでは、切手はシート状のものやバラの物を数十枚で出品することが多いです。

自分のつけた値段より下で落札されることは無いので、できるだけ高く売りたい方はオークションの利用も良いでしょう。

しかし、商品の写真撮影や記事の作成、落札者との連絡、発送などは自分で全てやる必要があるので手間がかかるデメリットもあります

また、トラブルに発展してしまった場合も個人間のやり取りの為、自分で責任をとらなければならにので取引の際は十分に注意しましょう

寄付をする

未使用切手ではなく使用済み切手にはなりますが、慈善団体に寄付することも可能です。

JOCS(日本キリスト教海外医療協力会)などでも、積極的に使用済み切手運動を行われており、寄付された使用済み切手・書き損じはがきなどが保険医療事情の向上に役立てられています

慈善団体に贈られた切手はボランティアの方が仕分けして整理をし、収集家や切手商によって換金され、医療従事者の派遣の為の資金などに使用されます。

切手専門の買取店を使う

切手を高く売りたいなら、切手を専門に買取しているお店で売るのが一番良いでしょう。

今は自宅にいながら切手を査定して貰える、切手の宅配買取サービスなども頻繁に利用されています。

目の前で査定をして貰いたい人は出張サービスも利用できるので安心して査定して貰えます。

切手を専門としている鑑定士の査定なら、不当な価格で買い取られることはありませんし、自分でも気づかなかったプレミア切手が見つかる可能性もあります。

切手買取のオススメ情報!相場・口コミの比較にもあるように、切手は種類によって買取価格が大きく変化するので、自分の持っている切手にどのくらい価値があるのか分からない人は一度査定に出してみるのも良いかもしれません。